2017年09月05日

うたを うたうとき

うたを うたうとき    まどみちお

うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎます

からだを ぬいで
こころ ひとつに なります

こころ ひとつに なって
かるがると とんでいくのです

うたが いきたい ところへ
うたよりも はやく

そして
あとから たどりつく うたを
やさしく むかえてあげるのです


8月26、27日に、岡山シンフォニーホールで行われた
「おかあさんコーラス」全国大会に、
福岡県に住む姉が出演したので、
一日付き合ってコーラスを聴きました。
そんなことがあったので、
「まどみちおのうちゅう」展で、この詩に出会った時、
心にすとんと落ちました。
何て素敵な詩でしょう。
姉にこの詩のことをメールしたら、
この詩は松下耕さんが作曲されていて、
今年の合唱祭で、歌ったとのこと。
松下耕先生の合唱講習も受けたそうです。
いい詩は作曲されて、歌われていることが多いですね。
全国大会でもいろいろな詩人の曲が歌われていて
驚きました。
コーラス.jpg

まどさんの「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」
「ふしぎなぽけっと」などは誰でも知っていますよね。
展覧会場には、白やぎさん、黒やぎさんの帽子や
郵便カバン、ふしぎなポケットの付いたエプロンなどが
置いてありました。
やぎさんの帽子がとってもかわいかったです。
子供がかぶっているところが見たかったな。
やぎさん.jpg

posted by kaze at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

「まどみちおのうちゅう」展

6月24日〜9月3日まで、姫路文学館で
「まどみちおのうちゅう」展が開かれていました。
まどさんは大好きな詩人のひとりです。
小さなものにまで向けられた温かいまなざし、ユーモア。
すべてのものがそこにあるだけで、
生かされていることだけで素晴らしいという詩には、
いつも勇気づけられます。
そして今回は、まどさんが50代はじめに集中的に描いた
絵画作品がみられるというので、
絶対行きたいと思っていました。
まどさんの絵については本も持っていて、
いつか実際に見たいと思っていました。
まど本.jpg

夏の間は暑くて、次々用事もあり、なかなか行けず、
もう終わってしまうギリギリに、やっと行ってきました。
姫路文学館は20年前くらいに1度来たことがあったけど、
素敵な建物になっていました。
まど1.jpg

3年前104歳で亡くなられたまどさんの生涯を
たどるコーナーには、
自筆原稿や沢山の資料が展示されていました。
そして楽しみにしていた抽象画のコーナー。
いくつもの色が重ねられ、まどさんの宇宙が広がっています。
見ていると心がジーンとしてきました。
きっとまどさんが言葉にはできなかった世界が
描かれているのでしょう。
本の中で見ていた「風のネックレス」もあって、良かったです。
風のネックレス.jpg



posted by kaze at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

その他のボタン

もう9月ですね!
昼間の日差しは、まだ結構強いけど、
朝晩の風が、少しさわやかになってきました。
ボタンの紹介の続きです。
クリアガラスにシルバーラスターを施したボタンです。
1920年代から半ばくらいに、チェコで作られたボタンです。
美しいです。
クリアガラス+銀.jpg

プラスティックのベースにシェルを組み合わせたボタンです。
1960年から80年頃、主にイタリアで作られたボタンです。
シックです。
シェル+プラ.jpg

シェルボタンにメタルを組み合わせたボタンです。
1900年頃から半ばくらいのもので、
古いものはメタルの細工が繊細で美しいです。
シェル+メタル.jpg

シェル+メタル 2.jpg


posted by kaze at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする