2018年06月23日

収穫 & Merry

キュウリがうどん粉病にかかってしまい、
枯れてしまいました。
殺菌するために、晴れた日に
食酢をうすめてかけてみましたが、
なかなか回復できなかったです。
花はまだ沢山ついていたのに残念・・。
でも結構収穫したので、まあ、いいか。
かわりに、ナスとトマトがとれ始めました。
今からどんどんとれそうです。嬉しい〜。
野菜.jpg

家でとれる頃は買っても安いのだけど、
無農薬なので安心で、何より美味しいです。

メリー1.jpg
メリーは、日に日に動きが半端なくなってきました。
今まで飼った猫の中で、一番活発です。
テーブルの上も、ぴょんと飛び乗るようになったので、
何も置けません。
メリー2.jpg

パソコンのコードもかじられます。
とにかく起きている間中、走り回っています。
椅子に座っていたら、
いきなり駆け上がってきて肩に乗るし、
カーテンの上の方までよじ登って、
すぐにもカーテンレールの上を歩きそうです。
棚の上、本箱の上にも何も置けなくなるなあ。
少しの隙間に入ったりするし目が離せません。
今までの猫は、もう少しおっとりしていたので、
壁紙をがりがりするくらいで、
子猫の時も、わりと楽だったような気がするけど、
18年前は私も若かったのかなあ。
この年で、暴走族の子猫の相手は、若干疲れる時も・・。
でも、勢い余ってすべり落ちたり、ひっくり返ったり、
動きが可愛くて面白くて、見ていて飽きません。
紙を丸めて投げてやると、それを追っかけて転がして、
しばらく遊んでいます。
起きているときは、そばでは何もできないので、
寝ている間に、今だ!とばかり、用事を済ませます。
赤ちゃんと同じですね。

メリー3.jpg
遊び疲れて眠くなってきたメリー。目がくっつきそう・・。

メリー4.jpg
寝てしまいました。

メリー5.jpg
シネマベンチに座るメリー。

シネマと言えば、
「万引き家族」と「モリがいた場所」を観てきました。
どちらも良かったです。
お時間があったら、是非、観てくださいね。





posted by kaze at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

2匹の猫

起きている間中、動き回っているメリー。
背中の白いハートがくっきり♪
1.jpg

何か上が気になっています。
2.jpg

3.jpg

大好きなピンクのひもを捕まえた!
気になっていたのはこれでした。
4.jpg

カモノハシのぬいぐるみを見ると、
俄然狩りのモードになります。
5.jpg

捕まえてキックの連打。
くわえて歩くには、
このサイズがちょうどいいみたい。
6.jpg

元からいる猫ピピン(メス13歳)は、
メリー(オス2か月)が気になっている様子です。
メリーが来てしばらくの間、
ピピンの食欲が落ちて心配しましたが、
やっと元通りに復活し、一安心。
思っていた以上にデリケートです。
メリーはピピンを見ると、「わあーい!あそぼ!」と
目を輝かせて寄っていきますが、、
ピピンは迷惑そうに、あわてて逃げていきます。
でも気にはなるようで、たまに、
いつもいる2階から下りてきて、遠くから見ています。
ピピンは2か月まで野良猫だったので、警戒心がすごく、
14年間も、うちにいるのに、いまだに娘以外には慣れません。
「三つ子の魂百まで」ですね。
アスランがいたときは、
アスランがいつも見守ってくれるという安心感があったのか、
それほどでもないと思っていたのですが、
想像以上に用心深く怖がりなピピンです。
IMG_1151.JPG

メリーは生まれてすぐ保護されて、1か月半の間、
保護団体の人に大切に育てられていたので、
人に警戒心はないし、すごく人懐っこい性格です。
日に日に活発になっていて、
3日前、姿が見えないので、
「メリー!メリー!」と探していると、
何とCDプレイヤーを載せている高い棚の上から、
ひょっこり顔を出して、びっくり!
いつの間にか、高いところにも登れるようになっていて、
目が離せません。
メリーは1階のリビングにいます。
きっとピピンとも遊びたいのでしょうが、
まだピピンが嫌がる(怖がる?)ので、
メリーは1階、ピピンは2階で住み分けています。
少しづつ「ご対面」しながら、
ピピンが慣れてくれるといいのですが。
4か月もすると、大人サイズに成長するので、
出来たら、メリーが小さい間に・・。


posted by kaze at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

「一日の時間をうつくしくする」椅子

長田弘の詩
「シェーカー・ロッキグング・チェアー」の中に

 シェーカーとよばれた人たちは、いまはもういない。
 けれども、古いロッキング・チェアーのように、
 この世にシェーカーの人たちが遺していったものは、
 そこに置かれているというだけで、
 一日の時間をうつくしくするものだった。

という言葉があります。
いい椅子は、そこにあるだけで、
「一日の時間をうつくしくする」
本当にそう思います。
人生を共にし、心を豊かにしてくれます。

いい材料で、丁寧に、考え抜いて作られた椅子。
頑丈で、しかも軽やかな椅子。
そして、大切に受け継がれてきた椅子。
そんな椅子が、あなたをお待ちしています♪
IMG_9060.jpg

IMG_9668.jpg

IMG_9665.jpg



posted by kaze at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする