2019年04月23日

薩摩ボタン

先日も紹介した薩摩ボタンです。
何故かこのところ縁があります。
薩摩焼は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の時、
島津義弘が朝鮮から陶工を連れてきて、
その技術を御用窯として保護、助成し、
1867年のパリ万博に出品して人気を博しました。
薩摩藩は海外に輸出し、戊辰戦争の軍事費の一部に
されたと言われています。
細かく多色に手描きされた絵付けに、
貫入が美しいです。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

posted by kaze at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

ブラックガラスボタン

19世紀末に作られたブラックガラスボタンです。
8.jpg

33mmと大きなサイズで、同じデザインです。
ブラックガラスのものと、
ガラスをシルバーでコーテイングされたもの。
すごく細かい細工で、存在感があり、
これぞ究極のブラックガラスボタンといえます。
花、星、雪の結晶のような6角形のデザインに、
エッジはカットスチール状の凸凹で縁取られ、
キラキラと光を反射します。
イギリスが最も繁栄したヴィクトリア時代の
豪華でおしゃれな感じが、よく出ています。
ボタンは沢山あるので、もうあまり買わないようにしていますが、
こういうのに出会うと、もう絶対手に入らないと思うので、
ついつい買ってしまいます。
写真ではわかりにくいですが、見れば見るほど、
本当に素晴らしくて、感動します。
9.jpg

10.jpg

posted by kaze at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

季節のもの

この時期、毎年掘りたてのタケノコをいただきます。
ぬか付きでくださるので、すぐに茹でられます。
新鮮なものは、柔らかくて、本当に美味しいです。
茹でただけで、刺身で食べるのが好きです。
6.jpg

ワケギとウドも一緒にいただきました。
ワケギのぬたを、昔、母がよく作ってくれました。
最近の若い子は、こういうのをあまり食べませんが。
ウドって、珍しいです。
私もあまり食べたことがありません。
早速、料理法を検索して、
今日は季節のご馳走です。
7.jpg

posted by kaze at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする