2021年04月03日

本漬けの日々

昔から好きな山之口獏さんの詩集、
茨木のり子さんが獏さんについて書いた本。
ふと読み返したくなります。
娘の泉さんが、父親について書いた本、
率直に書かれていて、良かった。

6.jpg

宮沢賢治を、保坂嘉内との関係から読み解く
『宮沢賢治の真実』も興味深く読みました。
NHKでこの本を基にした番組を見たのがきっかけです。

7.jpg

柚木沙弥郎さんの絵の『雨ニモマケズ』。
柚木沙弥郎さん、1922年生まれ。
今も現役で染色作品を作り続けているそうです。
モダンでおおらかで大好きな作品。
最近出た『柚木沙弥郎のことば』という本に、
「いつからはじめたっていいんだよ。
 僕だって物心ついたのは
 80歳になってからなんだから。」
とあります。
物心もついていない年齢の私は、嬉しくなりますねえ。

そのほかにも、図書館で、次々本を借りては
読みふけっていました。
中井久夫さん、加藤周一さん、
医師でありながら、文学など幅広い分野に精通している人。
こういう知の巨人、今は少なくなりました。

8.jpg

9.jpg

posted by kaze at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: