2020年10月12日

縄文野焼き祭り

昨日、新見市の猪風来美術館で行われた
「秋の縄文野焼き祭り」に行ってきました。
今年7月、岡山天神山プラザで開かれた展覧会で、
猪風来美術館のことを知り、
その、余りにも迫力のある縄文焼の作品の数々に
圧倒されました。
今回、そこで、野焼きがあるということで、
誘われて、是非行きたいと思いました。
行くとすでに火はおこされ、
火の回りに、焼く作品が並べられていました。

1.jpg

2.jpg

作品を中に入れ、井桁のかたちの材木が組まれていきます。
そうして、段々温度を上げていき、大体950度くらいになると、
上から薄めの材木がかぶせられるそうです。

3.jpg

4.jpg

焼き上がりまでは、見ることができませんでしたが、
猪風来美術館も見学することもでき、
とても良かったです。

5.jpg

竪穴式住居も再現されていました。

6.jpg

何よりも、燃える炎を、ゆっくり眺めている時間が
最高でした。
こんな風に、ぼおっと、火を眺めているなんて、
本当に久しぶりです。
子どものころ、こうして、炎を、ぼおっと眺めていた時間が
よみがえりました。
風呂場の焚口で、薪をくべながら、炎を見ていた時間。
あの時間は、とても大切な時間でした。

posted by kaze at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: