2020年09月13日

ガラスボタンの整理

ついついたまってしまうボタンの整理。
久しぶりに、やりました。
いくつか紹介します。
先ず、大好きなガラスボタン。
その中でも、19世紀半ばから後半に作られたブラックガラスボタン。
1861年に夫を亡くしたヴィクトリア女王が喪に伏し、
ジェット(流木の化石)のボタンを身につけていました。
庶民には高価なジェットのボタンは手に入らないため、
かわりに黒ガラスのボタンが流行しました。
デザインもアール・ヌーボーデザインのものが多く、
とても優雅で豪華な雰囲気です。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

次はクリアなガラスボタン。
今から100年前くらいに、ボヘミア地方で作られたボタンです。
屈折率が高いクリスタルガラスで、
今も美しい光沢を持っています。

5.jpg


posted by kaze at 18:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: