2019年10月10日

作品搬入

元幼稚園だった会場に、
アーティストたちの作品が搬入されてきましたので、
少しづつ紹介します。
先ず、今、岡山県立美術館で、大きな個展を開催中の
太田三郎さんの作品です。
古い絵本と、絵本のコピーを切手型のクラフトパンチで
打ち抜いたものとを展示されています。
こういうことを考えるのがすごいです。
1.jpg

2.jpg

ポーランド人の画家、ラデック・プレディゲルさん。
来るなり黒板に素敵な絵を描き始めました。いいな。
反対側の壁には、作品が飾られています。
陶板に絵付けした作品もあります。
3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

私と同室の大槻順一郎さん。
五角形の大きな小屋を作り、
古いものを展示されている途中です。
私も大好きな雑貨屋「axcis nalf」のオーナーでもあり、
ヒマラヤに登ったり、ヨーロッパを自転車で走ったり、
ネパールに図書館を作ったりの行動派。
中学生の時、小田実「なんでも見てやろう」、
堀江健一「太平洋一人ぼっち」の2冊が人生を変える、と
パンフレットに紹介されていたので、
わぁ、同世代だわ、と嬉しくなり、伺うと同じ年齢。
私も中学生の時、通っていた中学校に堀江健一さんが
講演に来られて、感動したのを覚えています。
古いものとか、好きなものが共通で、
いい感じの空間になりそうです。
7.jpg

8.jpg


posted by kaze at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: