2018年12月07日

標本

こちらもAさんから届いたシェルボタン。
9.jpg

1つ1つが個性的なボタンです。
左下の大きなうずまき貝も、実はボタンです。
両側に小さな穴が2つずつついていて、
両脇でとめるようになっています。
まさに貝の形のままのシェルボタンです。
とても珍しいボタンだと思います。
右下の赤いシェルボタンには、キノコの模様が
彫られています。
その上の丸いボタンは、ブラックシェル。
写真ではわかりにくいですが、
細かく彫られた模様が美しく、角度を変えると、
黒蝶貝独特のシックな輝きが見られます。
左上は蝶の形のボタン。
その隣のボタンには、スズランの模様が彫られています。
どれも自然の輝きが美しいシェルボタンです。
こうしてとめられると、
森の中の一場面のようでもあり、
ものがたりが始まりそうな予感がします。

それを、Aさんは、まるで標本のように、
木箱に入れて、送って下さいました。
10.jpg

すごい!!
1つ1つのボタンが、ユニークで可愛いのですが、
それが木箱の中で、更に際立って輝いています。
それぞれがとても個性的なボタンなのに、
全体で1つの世界を作っていて、調和しています。
改めて、Aさんのセンスの良さに感心しました。
ボタンをこよなく愛するAさんだから、
どうしたらそのボタンが最高に素敵に見えるか、
ということを、よくわかっていらっしゃるのだと思います。

実は私は標本が大好きなのです。
何でも標本のように飾ります。
ボタンを額装するのも、その美しさを
標本のようにして眺めたいからです。
Aさんは、きっと、私が標本が好きってことも
わかってらっしゃるのかも。
感性が似ているから、とても共感できるのです。
ボタンを通じて、Aさんに出会えて、本当に幸せ思います。

posted by kaze at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: