2018年12月06日

Lea Stein  再び。

先日も紹介しましたが、
Lea Stein がデザインしたボタンが届きました。
5.jpg

セルロイドを何層も重ねてカットする技法で
作られたボタンです。
Lea Steinがデザイナーとして活躍を始めた
1960年頃から70年くらいまでの10年間に
作られました。
その後ブローチなどを作るようになり、
ボタンは作らなくなったので、彼女のボタンは、
とても貴重なのです。
色や形、デザイン的にも素晴らしく、
まさにアートと言えるボタンです。
6.jpg

送って下さったのは、大好きなボタン友達Aさん。
彼女は、とてもセンスが良くて、
そのボタンが一番よく見えるようなカードに
とめて下さるので、届くのがとても楽しみなのです♪

7.jpg
たとえば、スズランのカードにとめられているのは、
白いスクエアとグリーンに白いストライプの丸いボタン。
スズランの白い花、グリーンの葉に、呼応して、
とてもいい感じです。
ボタンも更に引き立ちます。

8.jpg
こちらのショッキングピンクのスクエア。
こういう色でもLea Steinにかかれば、
上品に見えるのが不思議なのですが、
この色のイチゴのカードにとめられると、
イチゴの色が優しくフォローして、
何という見事な調和。
空間の取り方も素晴らしく、
1つのアートを見るようです。

あっと驚いた仕掛けは、明日も紹介します。

posted by kaze at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: