2017年10月31日

良寛さまと手まり

岡山県立美術館で開かれていた
小田宏子さんの「共にあるものについて」展を
見に行き、斬新な作品に刺激を受けました。
ちょうど「慈愛の人良寛」展をしていたので、
見ていると、何と!手まりが飾られていました。
11.jpg

良寛さまは子どもらと
手まりをついたりかくれんぼをして
子どもらを慈しみました。
12.jpg

当時の手まりは、芯にゼンマイの綿毛を使っていたため、
40〜50pしか弾まないので、
良寛は片膝を地面につき、
子どもたちと手まりをついていたそうです。
その場に良寛さまがいるだけで和んだという
優しそうなお顔やしぐさが目に浮かぶようです。

posted by kaze at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: