2021年04月12日

70歳からの絵描き

柚木さんがいいというアルフレッド・ウォリスは、
近所の店でもらってきた段ボールの箱を切って、
船舶用のペンキで絵を描き始めたそうです。
妻を亡くして一人になり3年目、70歳を過ぎてのことでした。
どんな絵か見たいと思いました。
「つるとはな」第5号に特集されているというので、
図書館で借りてきました。
ずっと船乗りだった彼は、
記憶の中の船や景色を書いていました。
何かに突き動かされるように、部屋の中で、
一日中書いていたそうです。
「あなたたちは目の前にあるものを描くけれど、
私は知っていることを描く」と。
記憶をたどり絵を描くことは、
今まで生きてきた人生を振り返る
作業だったのでしょうか。

1.jpg

丸木スマの絵は、ずっと昔に見たことがあります。
丸木美術館だったのでしょうか。
持っている画集は1984年初版となっています。
自由奔放というか、感じたようにいきいきと
描かれた絵は、何と色彩豊かでおおらかなこと!
楽しんで描いているから、その楽しさが
見る方にも伝わってきます。いいなあ。
そのうち院展にも何度も入選して、
広島で個展をすることになりました。
知事さんや市長さんが見に来て、いろんな人が来て、
丸木トシさんいわく、
「おばあちゃんは、腰かけたり立ったり、おじぎをしたり、
写真をとられたり、くたびれてしまいました。
『わしはもう、展覧会はこりごりじゃ。』
と、いいました。」
目に浮かぶようです。
スマさんは、ただ楽しんで絵を描くだけで十分だったのでしょう。

2.jpg



posted by kaze at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

柚木沙弥郎さん

独創的で、生きる歓びにあふれた
柚木沙弥郎さんの作品が大好きです。
1922年生まれだから、今年99歳!
今も、エネルギーいっぱいの、
おおらかな作品を作り続けています。
型染めの染色家ですが、染色に限らず
版画、絵本、ガラス絵、立体など、
様々な分野で独自の制作を追求し、
86歳の時、パリの初個展で大成功。

5.jpg

作品も素敵ですが、言葉も素敵です。
「自分が面白くなれば、他人も面白くなる。
それがものづくりの原点。」
「ワクワクしなくちゃ、つまらない。」
「アートはわかるものではなくて感じるもの」
「いつからだって、どんな対象だっていいんだよ。」

6.jpg

彼が大好きなイギリスの画家、アルフレッド・ウォリスは、
もともと船乗りでしたが、70歳から、
怒涛のように絵を描き始めたそうです。
そういえば、丸木位里の母、丸木スマも
70歳を過ぎて初めて絵筆を持ち、誰に教えられることもなく
魅力的な絵をどんどん描いていました。
いつからだって始められるのですね。
柚木さんの言葉は、
何と力づけられ、勇気をもらえる言葉でしょう。

posted by kaze at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

花ざかり

ヒイラギナンテンの花が満開で、
よく見るとミツバチが、たくさんやってきています。
羽音がうるさいくらいに飛び回っています。

1.jpg

ちょうど、とれたてのタケノコを
持ってきてくれていた方が、それを見て、
ミツバチはこういう小さい花が好きだと教えてくれました。
その方は養蜂もやっているので、とても詳しいのです。
蜂蜜が取れたら素敵ですよね。
ちょっと興味がありますが、そんなに簡単ではないでしょうね。

ジャスミン、ライラックも満開です。

2.jpg

3.jpg

スナップエンドウも初収穫♪

4.jpg


posted by kaze at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。