2020年03月05日

告別

宮沢賢治の詩で大好きな詩の1つに、
「告別」という詩があります。
農学校で教師をしていた賢治が、
学校をやめるときに、
生徒たちに向けて書かれた詩です。
長いですが、書き写します。


「告別」  宮澤賢治


おまへのバスの三連音が
どんなぐあひに鳴つてゐたかを
おそらくおまへはわかってゐまい
その純朴さ希みに充ちたたのしさは
ほとんどおれを草葉のやうに顫(ふる)はせた
もしもおまへがそれらの音の特性や
立派な無数の順列を
はっきり知って自由にいつでも使へるならば
おまへは辛くてそしてかがやく天の仕事もするだらう
泰西著明の楽人たちが
幼齢弦や鍵器をとって
すでに一家をなしたがやうに
おまへはそのころ
この国にある皮革の鼓器と
竹でつくった管とをとった
けれどもいまごろちゃうどおまへの年ごろで
おまへの素質と力をもつてゐるものは
町と村の一万人のなかになら
おそらく五人はあるだらう
それらのひとのどの人もまたどのひとも
五年のあひだにそれを大抵無くすのだ
生活のためにけづられたり
自分でそれをなくすのだ
すべての才や力や材といふものは
ひとにとゞまるものではない
ひとさへひとにとゞまらぬ
云はなかったが、
おれは四月にはもう学校に居ないのだ
恐らく暗くけはしいみちをあるくだらう
そのあとでおまへのいまのちからがにぶり
きれいな音が正しい調子とその明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへをもう見ない
なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ
もしもおまへが
よくきいてくれ
ひとりのやさしい娘をおもふやうになるそのとき
おまへに無数の影と光の像があらはれる
おまへはそれを音にするのだ
みんなが町で暮したり一日あそんでゐるときに
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音をつくるのだ
多くの侮辱や窮乏のそれらを噛んで歌ふのだ
もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ



とてもわかりやすい言葉で書かれていて、
生徒に対する厳しくも深い愛が
ストレートに伝わってきます。
生徒を励ますことで、
「暗くけはしいみちをあるく」自分をも
戒めているのでしょう。

「自分でそれをなくすのだ
すべての才や力や材といふものは
ひとにとゞまるものではない
ひとさへひとにとゞまらぬ」

「すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ」

そして最後に、
「もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ」

なんて素敵な先生なのでしょう。
以前、と言っても30年近く前ですが、
教師でもある鳥山敏子さんが、
賢治の教え子たちを訪ね歩いて作った
「先生はほほ〜っと宙に舞った」という映画を
見たことがあります。
鳥山さんもいらしてお話を伺ったことも。
1.jpg

その時既に82歳〜85歳という高齢だった生徒たちは、
70年も前の賢治先生の思い出を、
まるで昨日のことのようにいきいきと話すのです。
その様子が楽しそうで、嬉しそうで、面白くて、
とても印象に残っています。
生徒たちの話から伝わる賢治先生の変人ぶり、
オチャメな側面。
70年経っても、賢治の精神は、
その後の彼らの生き方に影響し、血となり肉となっていました。
生徒にとって、本当の意味で、
すごくいい先生だったのでしょう。
賢治自身ももまた、楽しんでいました。
「生徒諸君に寄せる」という詩で、

「この四ケ年が
     わたくしにどんなに楽しかったか
 わたくしは毎日を
     鳥のやうに教室でうたってくらした
 誓って云うが
     わたくしはこの仕事で
     疲れをおぼえたことがない」

と書いています。
 
「そらいっぱいの
光でできたパイプオルガン」
空を見上げると、
いつもこの詩を思います。

2.jpg


posted by kaze at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする