2020年03月02日

ゴッホ展

先日、兵庫県立美術館で開かれている
ゴッホ展に行ってきました。
1.jpg

今回は、ゴッホが絵を描き始めたころに
影響を受けたハーグ派の作家、
パリに出てからの印象派の作家の作品も
展示されていて、とても興味深かったです。
その後のアルルでの作品から亡くなるまでの作品も
展示され、
あのうねるようなタッチの糸杉もありました。
天に届こうとするあの圧倒的なエネルギー。
2.jpg

若いころからゴッホが好きです。
ゴッホ展が開かれるたびに行きます。
なんでこんなに惹かれるのでしょう。
画家になって亡くなるまでの10年間に
彼が描いた絵は、素描と油絵で、なんと2000枚以上。
そのひたむきさ、
ひたむきに人間より大きいもの、崇高な高みに、
届こうとするピュアな魂。
彼の弟テオへの手紙を読むと、
それがよく伝わってきます。

「苦しんでいるぼくは、何かぼく以上に
偉大なもの、ぼくの生命であり、創造力である物、
それがなくしてはすまされない」

名もない日本人が描いた一本の草の絵に感動し、
自然と一体になる日本の文化にあこがれ、
「神の言葉を種まく人になりたい。」と思い続けたゴッホ。
知れば知るほど、見れば見るほど、
その魂の純粋さ、深さに、どうしようもなく
惹かれてしまうのです。

posted by kaze at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする