2020年02月24日

変わっていくのは・・

茨木さんが、
「まっとうに生きている」と言ったブータンの子ら。
しかし、きっと今は、ブータンの子らにも、
変化が起きているのでは、と思います・・。

27年前、バリ島に行きました。
その頃のバリは、まだ観光客も少なく、
ずっと昔から続いているバリの文化が残っていました。
一緒に行ったのは、当時、子供も大人も楽しめるバンドを
やっていた「トラや帽子店」の人たち。
今は解散してしまったけど、
「世界中の子どもたちが」は、音楽の教科書にも載っているそう。
中川ひろたかさんは、
楽しい絵本もたくさん出されています。

それは、バリの芸能文化を訪ね、交流する旅でした。
バロンダンス、レゴンダンス、ジェゴク、ガムラン、ケチャ、
アユン川のラフティングなどいろいろ楽しみ、
タガス村で、現地の子どもたちと交流。
小学生だった娘も一緒に連れて行ったので、
みんなで遊んで、歌ったり踊ったり。
ガムランの人たちともジョイントしたりしました。
夜、真っ暗な中でのケチャは、すごい迫力でした。
観光用ではない本物のケチャでした。
あの時の暗闇の深さ。
あんな深い闇は、それ以来感じたことがありません。
昼間は農作業をしたり、普通に働いている人たちなのです。
バリ・ヒンドゥーを信仰する、自然と一体となったつつましい生活。
そんな暮らしの中に、素晴らしい芸能が溶け込んでいるのです。
何て豊かなのだろうと、高い精神性感じ、感動した旅でした。

最近バリ島に行かれた人の話では、
どんどんリゾート化が進んでいて、
西洋人たちが押し寄せる観光地になっているとか。
ウブドもたくさんのバイクが爆走しているそうです。
きっとベトナムのホーチミンみたいになっているんだろうな。
ウブドは27年前は、静かな田舎の、芸術の村だったのに。

それから10年くらいして、
ベトナムの山岳少数民族が藍染している村を訪ねました。
ハノイから10時間、夜行列車に乗って、
着いたところから山奥に入ります。
黒モン族のカットカット村、赤ザオ族のタフィン村、
ザオ族のターバン村、ラオチャイ村などに行きました。
昔ながらの藍染を見ることができましたが、
刺繍する糸は、既に化学染料の糸も使われていました。
こんな山奥にも徐々に町の文化が入ってきていて、
変わってしまうのも時間の問題だな、と予感しました。
今はもう、昔ながらの藍染も、なくなっているかもしれませんね。
観光的に少しだけ残っているとか‥。
彼らにも生活があり、変わっていくのは仕方ないのですが、
グローバル化のかげで、素晴らしい文化が、音を立てて、
なくなっていっているのは、もったいなくてたまりません。

ブータンの子らが、「まっとうに生きて」いますように。
1.jpg


posted by kaze at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする