2020年02月20日

「世界の紙を巡る旅」展

先日「暮らしを彩る12の方法」展が行われた
AXCIS CLASSIC で、「世界の紙を巡る旅」展が
開かれています。
昨年3月から300日かけて、
世界各地の手漉き紙の工房と活版印刷所を訪ね歩いた
kami/ (紙一重)なみえゆいさん。
大槻さんから、そのことを伺っていた紙好きの私は、
とても楽しみにして、初日に伺いました。
カナダから始まり、メキシコ、アジア、ヨーロッパ、
と、様々な国で、手漉きの工房を訪ねたり、
実際にワークショップに参加したりしながら
出会った紙が、素敵に展示されています。
1.jpg

2.jpg

特に目を引いたのが、メキシコのアマテという紙。
メキシコの紙は、見るのも初めて。
何て素敵なんでしょう。
3.jpg

4.jpg

手漉き紙にシルクスクリーン印刷、そして手製本。
「夜の木」で有名なインドのタラブックスも
訪ねられています。
実際にそういう現場を、私も見てみたいな。
5.jpg

タイの手帳は、1つ1つ閉じ方が違って、
何てかわいいのでしょう。
この閉じ方も、是非やってみたいです。
そのうちいつかワークショップを、とお願いしました。
6.jpg

どれもかわいくて、
紙好きとしては、いつまでも見ていたい
触っていたい素敵な空間でした。
連れて帰ったものを眺めては、
一人にんまりしています。
7.jpg

メキシコの紙と手帳です。
このつぶつぶ模様、よく見ると、
なんと、種で作られています。
8.jpg

展覧会は24日まで。




posted by kaze at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする