2020年02月20日

「世界の紙を巡る旅」展

先日「暮らしを彩る12の方法」展が行われた
AXCIS CLASSIC で、「世界の紙を巡る旅」展が
開かれています。
昨年3月から300日かけて、
世界各地の手漉き紙の工房と活版印刷所を訪ね歩いた
kami/ (紙一重)なみえゆいさん。
大槻さんから、そのことを伺っていた紙好きの私は、
とても楽しみにして、初日に伺いました。
カナダから始まり、メキシコ、アジア、ヨーロッパ、
と、様々な国で、手漉きの工房を訪ねたり、
実際にワークショップに参加したりしながら
出会った紙が、素敵に展示されています。
1.jpg

2.jpg

特に目を引いたのが、メキシコのアマテという紙。
メキシコの紙は、見るのも初めて。
何て素敵なんでしょう。
3.jpg

4.jpg

手漉き紙にシルクスクリーン印刷、そして手製本。
「夜の木」で有名なインドのタラブックスも
訪ねられています。
実際にそういう現場を、私も見てみたいな。
5.jpg

タイの手帳は、1つ1つ閉じ方が違って、
何てかわいいのでしょう。
この閉じ方も、是非やってみたいです。
そのうちいつかワークショップを、とお願いしました。
6.jpg

どれもかわいくて、
紙好きとしては、いつまでも見ていたい
触っていたい素敵な空間でした。
連れて帰ったものを眺めては、
一人にんまりしています。
7.jpg

メキシコの紙と手帳です。
このつぶつぶ模様、よく見ると、
なんと、種で作られています。
8.jpg

展覧会は24日まで。




posted by kaze at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

マーブリング

公民館のものづくりワークショップ、
今回は伊永和弘さんが講師のマーブリングでした。
小さいころ、墨流しをした記憶がありますが、
やり方など、すっかり忘れています。
マーブルは大理石のことで、その模様に似ていることから
マーブリングというそうです。
15世紀にインド、ペルシャからヨーロッパに伝わり、
なんと日本には、9世紀にシルクロードを通って伝わったとか。
結構古くからある技法なんだと驚きました。
10.jpg

合成糊を入れたパットに、
灯油で溶いた油絵の具をたらし、
それを竹串などで模様を作ります。
模様ができたら、画用紙を入れて
模様を吸い取り、
パットの縁で糊をしごきながら
引き揚げます。
11.jpg

やってみると、毎回違う模様になる、というか
同じ模様は作ろうと思ってもできないので、
みんな夢中になって楽しみました。
模様の作り方も、それぞれ違うし、
どんなものも面白い作品になるのが、
とてもいいなあ、と思いました。
上手も下手もありません。
金子みすずの詩じゃないけれど、
「みんなちがって、みんないい」のです。
12.jpg

13.jpg



posted by kaze at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

久しぶりのおかんの店

以前は週に1度は通っていたこっくんおかんの店。
添加物なし、身近でとれた野菜や果物を使った
おいしいパン屋さん。その上値段も安い。
一番パン好きだった娘が、
最近パンをほとんど食べなくなり、
しばらくご無沙汰でした。
何しろ山の中にあり、車で30分はかかるのです。
剛太郎さんのアトリエからは近いので、
久しぶりに行ってみました。
7.jpg

猫とお花が大好きなオーナー。
店名の「こっくん」というのも
フランスにいたころから飼っていた黒猫の名前。
その猫のおかんというわけです。
お庭には水仙が花盛りでした。
8.jpg

「わあ、久しぶり!」と、すごく喜んでくれました。
おいしいパンも沢山いただいて、
また時々来たいな、と思いました。
9.jpg

行く途中の山の景色が季節の移ろいを感じさせてくれるのも
すごく楽しみです。
ここでいただいたアナベルの苗も
うちの玄関で大きくなって、
毎年美しい花を咲かせてくれています。


posted by kaze at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする