2019年04月16日

薩摩ボタン

ヨーロッパでブラックガラスボタンが流行った頃、
江戸時代後期の日本では、陶磁器の薩摩ボタンが
作られ、輸出されていました。
海外でも「サツマ」と呼ばれ、今もとても人気があります。
薩摩藩御用窯で焼かれ、当時の陶工職人が手書きで
絵付けしているので、同じようでも一つ一つ違います。
最近手に入った薩摩ボタンです。
かわいい鳥の模様
1.jpg

七福神
2.jpg

カラフルな花模様
3.jpg

4.jpg

5.jpg

posted by kaze at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする