2018年07月16日

刺激になれば

先日来て下さった近所のHさん。
東京で30年間暮らし、岡山に帰ってこられたとか。
東京では、芸術的な活動に参加したり、
絵本作家の方のお手伝いをされたりと、
クリエイティブな生活をされていたらしく、
合間にお人形も作られていたとか。
与勇輝さんに習われた方に教えてもらっていたそうで、
作品を見てくださいますか、と持って来られました。
与勇輝さんの人形を彷彿とさせます。
一人一人物語が感じられます。
もちろん洋服から靴などすべて丁寧に作られています。
7月16日.jpg

「すごいですね!」と言うと、
「岡山では周りにわかってくれる人もいなくて、
帰ってきてから、作る気もしなくて、
ほったらかしていましたが、見ていただいたら、
また作ろうかな、とやる気が出てきました。
出来たらまた見てくださいね。」
「もちろん。楽しみにしています。」
そして、「何もない、と言っていてもダメですね。
自分から動かないと。近くにこんな素敵な場所があって、
刺激になりました。有難うございました。」

今年「与勇輝展」があったはず、と検索したら、
何と、岡山にも巡回してくるようです。
9月5日〜17日
天満屋6F葦川会館です。
是非、実際に見たいです。



posted by kaze at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする