2018年07月27日

メリー、大きくなりました

我が家にやって来た頃は、600グラムの
小さな子猫だったのですが、
ずいぶん大きくなりました。
9.jpg

10.jpg

今まで飼っていた猫より、ずい分活発で、
体つきも手足が長く、様子が違うと思っていたら、
やはり種類が違うようです。
まるで犬のように、獲物をとっては、持ってきます。
縫いぐるみを投げてやると、パッと捕まえて運んできます。
20回くらい平気でやります。
そして、疲れたらこの通り。
11.jpg

12.jpg

抱っこされるのが嫌いで、とにかく動き回ります。
ニャーとか鳴きません。
ロシアンブルーとかと似ているようです。
好奇心が旺盛で、何でも触るので、
ものが置けなくなってきました。
食事もゆっくりできません。
でも、島根から帰ってきたら、
待っていたらしく、思いっきり飛びついてきました。
することが、まるで犬です。


posted by kaze at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

夏のフェルト

姫路の構井さんからお誘いがあって、
ワークショップに行ってきました。
播州麻に薄く羊毛を絡ませたストールです。
構井さんの作品を見て、
「何て素敵なんでしょう。是非教えてね。」と
お願いしていたのです。
細めのウールを絡ませ、
力を入れずに優しく撫で、
穴をあけて涼しげに出来ました。
播州麻(リネン)の肌触りが
最高に気持ちよいのです。
バックの壁にかかっているのは、
構井さんの作られた夏の帽子。
とても雰囲気があって素敵です。
8.jpg

posted by kaze at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

小田和正コンサート in 松江

7月22日に島根県の松江で行われた
小田和正コンサートに、娘と行ってきました。
なかなかとれないチケットですが、
運良くとれたのです。
山陽道、岡山道、中国道、米子道、山陰道と、
高速で3時間弱。
娘が運転してくれたので、私はとっても楽でした。
昼前に付いたので、
松江に詳しい友人に教えてもらった鰻屋さんへ。
「大はかや」という老舗の鰻屋さんで、
行くと行列が出来ていました。
暑い中、どれだけ待つのかと心配したのですが、
客席が多いのか、そんなに待たずに入れて良かったです。
私たちが入った後すぐ、「今日は売り切れました。」の張り紙が。
まだ昼なのに、人気がうかがえました。ラッキーでした。
やはり炭火で焼き立ては、とっても美味しかったです。満足。
まだ時間があったので、いくつか気になるお店を回りました。
ぐるぐる回ってやっと行ったお店が、運悪く臨時休業。
次に気になっていた「objects」。
4 (2).jpg

とっても素敵なお店でした。
建物のたたずまいが何とも言えず素敵!
中もいい雰囲気で、店主が選び抜いた器が並んでいます。
見ていたら、気になるもの発見!
目が釘付けになりました。
まるで現代アートのようで、存在感抜群!
何だろうと思って聞くと、キセルの看板だそう。
5.jpg

いいなぁ♪
思わず連れて帰りそうになりましたが、
これ以上増えても置くところがないよな、と
思いとどまりました・・。
せめて写真だけでも、と撮らせてもらいました。
店主のお兄さんが、さわやかで、すごく感じ良くて、
また松江に行ったら是非寄りたいと思いました。

6.jpg

7.jpg

5時から小田和正コンサートが始まりました。
入り口に機材を積んがトラックが何台も止まっていました。
このトラックに大がかりな舞台装置を積んで、
全国の会場を回っているのです。
コンサートは大いに盛り上がりました。
とても70歳とは思えないほど、次々と歌って、
会場を走りまわって、ファンにこたえる小田さん。
普段ジム通いで体を鍛えているだけあって、
すごいエネルギッシュです。
盛り上がる歌、しっとり歌う歌、若者への応援ソング。
会場と1つになって、あっという間の3時間でした。
ピアノの弾き語りも素敵でした。
途中で、島根に来るまでの道中の様子や
島根のあちこちへ行った様子が映像で流れて、
そのコメントが面白くて笑えます。
岡山駅から車で来たらしく、蒜山の映像もあり、
娘と今、通ってきたばかりの道でした。
3回もアンコールにこたえてくれて感激!
最後に小田さんとバンドのメンバー全員で、
「今日は有難う。また会いましょう。それまでお元気で。」と
ハモッテくれた時は、ジーンとしました。
小田さんもお元気で、また会いましょう♪
パワーを沢山下さって、有難う。


posted by kaze at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする