2018年01月05日

大好きな Lea Steinのボタン

昨年末、ボタン友達のAさんから私のところにやってきた
Lea Steinのボタンです。
Aさんは、お若い方ですけれど、本当に心が通じ合う
大切なお友達です。
とてもセンスが良くて、繊細で、優しい方です。
幼少期にドイツやチェコで暮らされていたので、
バイリンガルで、聡明で、とっても素敵!
Aさんと出会ったことで、私のボタンの世界も広がりました。
最初にLea Steinのボタンを教えてくれたのもAさんでした。
リア1.jpg

Lea Steinはフランスのアクセサリーデザイナーです。
1960年代から現在も、セルロースアセテートに
レースなどを挟みこみ、重ねていく独自の技法で、
アクセサリーを制作しています。
ボタンを作っていたのは初期の10年間だけなので、
とても貴重です。
今回は同じデザインの色違いが5色。
5色もそろうのは珍しく、
花びらのようなカットとカットの断面が素晴らしいです。
デザインが同じでも色が違うと1つ1つがまた違う印象になるのは、
まさにLea Steinの魅力です。
アートですね♪

posted by kaze at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする