2016年10月31日

ヒンメリ

「スロウな本屋」さんで、ヒンメリを作る
ワークショップがありました。
ヒンメリは、以前雑誌で見たことがあって、
麦わらを使った素朴な感じが素敵だなと
思っていました。
ヒンメリは、12世紀のフィンランドで生まれました。
今も12月の収穫祭やお祭りの装飾品として親しまれ、
クリスマスや結婚式などの装飾に使われ、
「幸運のお守り」とも言われています。
今回は12本の麦わらを使って、基本形の正8面体を
作っていきました。
最初はよく分からなかったのですが、
いくつも作っているうちに段々慣れてきました。
平面から立体になっていくと嬉しくなります。
そうしてできたのがこちら。
実は壁に映る影もすごく素敵なのです。
ヒンメリ.jpg

赤い毛糸で作ったタッセルを付けられた先生の作品。
ヒンメリ2.jpg

スロウな本屋さんで飾られている先生の作品。
ヒンメリ3.jpg

今回教えて下さったのは、結城厚子先生。
岡山でヒンメリが習えるなんて、感激です。
岡山で作られた麦わらを使って作りました!
それも嬉しいです。
私が子どもの頃は、身近に麦わらがありました。
おもちゃもない時代でしたので、麦わらを使って
虫かごを作ったりした記憶があります。
そんな麦わらの感触も懐かしかったです。
素敵な時間を作って下さったスロウな本屋さん、
結城厚子先生、有難うございました。

posted by kaze at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

ミュゼさんのワークショップ

23日のクレドのミュゼさんのワークショップ、
参加くださった皆様、本当に有難うございました。
もう1つ作りたい、と言われた方もいらして、
すごく喜んでくださり、良かったです。
写真を撮り忘れたので、どうしよう、と思っていたら、
ミュゼさんのブログにアップして下さっていましたので、
こちらで見て下さいね。
「秋空マルシェ」のあとに、出てきます。

http://limited5.exblog.jp/26564322/

それにしても、クレドのミュゼさん、
いろいろな企画を次々なさっていて、
本当にすごいです。感心します。
岡山では、駅前にイオンの大きいのが出来て、
客足がイオンの方に流れているそうですが、
こんなに頑張っていらっしゃるお店もあるのです。
岡山の皆様、クレドや表町の方も忘れないで、
是非是非足を運んでみてくださいね。
楽しい企画がいっぱいですよ。
私もこれからミュゼさんは要チェックです。

posted by kaze at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

ものをつくるということ

17日のNHK「プロフェッショナル」は、
ミナ・ペルホネンのデザイナー皆川明さんでした。
見ようと楽しみにしていたのに、
普段あまりTVを見ないので、何かしていたら、
うっかり見忘れてしまいました。
残念がっていた私に、早速録画したDVDが届きました。
神戸のKさん、本当に有難うございます。

とてもいい番組でした。
ものをつくるということの本質的な部分が見られて、
すごく共感しました。
皆川さんは、人や社会に合わせるのではなく、
自分が作りたいものを作る、ということを、
ずっと続けていらっしゃいます。
それは自分の中にあるものを深く見つめること。
自由であるけど、納得できるまで妥協しない厳しさも
あります。
「自分が喜んで描くものは、人も喜んでくれると信じて、
精一杯やるしかない。」
「社会的にはマイナスに見えることが、自分にとっては
プラスになることがあると考えてみる。そういうことを、
ずっとしてきた」
彼の言葉が、ストンと胸に落ちます。
共感の気持ちでいっぱいになりました。

私も、流行や売れるものを作る、という気持ちには
なれません。
自分の作りたいものを作っていれば、
それがいいと思ってくれる人が必ずいる、と思って
やってきました。
自分が何を作りたいか、
思うように出来なくて、厳しい時もあるけど、
少しでも出来たときの喜びは、何にも変えられません。
でもそれで満足できるわけではないので、
すぐ次の難題がやってきます。
果てがありません。
posted by kaze at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする